■HOME >排水設備工事
  排水設備工事責任技術者について  
 
責任技術者登録制度と登録有効期間
 試験に合格した者は、公益財団法人三重県下水道公社の下水道排水設備工事責任技術者認定者名簿(以下「責任技術者認定者名簿」という。)に登録され、下水道排水設備工事責任技術者証(以下「責任技術者証」という。)の交付を受ける資格を有することとなります。
 この有資格者が責任技術者証の交付を受けることによって市町の指定工事店に必要な責任技術者となります。
 責任技術者認定者名簿の登録有効期間は、試験合格日から5年後の最初の3月31日までです。
下水道排水設備工事責任技術者更新講習
 責任技術者認定者名簿に登録を維持するためには、有効期間が切れる直前の更新講習を受講していただくことが必要です。これが下水道排水設備工事責任技術者更新講習です。
 更新講習を受講された修了者の有効期間は、受講日から5年後の最初の3月31日までです。以後更新講習を繰り返すこととなります。
 なお、この更新講習を受講しないと責任技術者としての資格は失われ、責任技術者証の交付を受けることができなくなります。